お名前スタンプには、ひらがながもっと持っているといえるかもしれません。 対象年齢的に、幼稚園や保育園の入園時期に当たり、小学校入学ぐらいまではひらがなでなければ使うことどもたちが読めないということもあるからです。

その点でシンプルなひらがなは、使いやすいものといえるでしょう。

お名前シールと比べてみると、お名前スタンプの場合には、どんどん押していくことができる利点があります。
スタンプ台さえあれば、お名前シールのように枚数を気にしながら貼っていくようなこともありません。
どんなところでも、手軽に捺していけることを考えると、コストパフォーマンスも高いといえるでしょう。

ひらがなを使った対象年齢ということを考えると、ただ名前を入れるだけではダメな場面があります。
最近では、幼稚園や保育園でも持ち物の共通化が進み、誰でも同じものを持っていたりします。
その中で、自分専用で文字が読めなくてもわかる、自分マークを設定しなければいけないこともあります。
お名前シールであれば、キャラクターのものを使うことで対応できますが、お名前スタンプではできなかったりするのです。
そんな時には、イラストのスタンプも並行していくといいでしょう。
やわらかいかわいいデザインのイラストならば、ひらがなのスタンプとも相性がいいものです。
一度そろえておけば、お名前スタンプと同様に好きな場所に捺すことができるようになります。

ひらがなの名前の横にかわいらしく捺してあげたりすることで、さらに効果的に演出することができるのです。