新入園の季節になり、保育園で使うものを考えてみると、驚くほど多くのものがあることに気が付きます。 こんなに多くのものがあったのかと思うほど、必要になってくるものなのです。 それも、子供たちはみな同じようなものを持っているのですから、区別を考えなければなりません。

そのためには、名前を入れていかなければいけないのですが、膨大な数におののいてしまうでしょう。
そこで、お名前スタンプが重要な意味を持ってくるのです。

お名前スタンプは、簡単に捺すことができるという利点はもちろんのこと、手書きに比べて常に一定であるということがあるでしょう。
当然のことではありますが、手書きでは崩れてしまうこともある名前を、読みやすい文字で維持することができるのです。
何度でも捺せるところも、保育園の時には助かる点です。
数が多いために、いくつあるか把握することもたいへんですので、お名前シールのように数を考えなければいけないものは、悩みどころになってしまうからです。
布にでも捺せるように、専用のスタンプ台であるバーサクラフトもセットになっているので、困ることも少ないといえるでしょう。

ですが、はっきりと視認性を上げていくのには、お名前シールにはかなわない部分もあります。
キャラクターなどもわかりやすくなりますし、目立つという点においてはスタンプではかないません。

両方をうまく使っていくことが、保育園入園の時期を乗り切るために必要であり、考えるべき選択でもあるのです。